中古のトラック選びで気を付けること

トラックを事業で導入しており、買い替えを考える場合、現在まで使用していた車両を下取りに出し、高く引き取ってもらうことが設備投資費の圧縮となり、コスト削減効果から営業収益も高くなります。近年では普通乗用車の場合、購入店での下取りよりも買取専門店での査定見積もりが高値を引き出すと言われており、そこから交渉を進めることで買取額が高くなる傾向がみられます。トラックの場合、通常の中古車買取店では扱われないケースもあり、それほど高値が期待できないこともあります。中古車買取の仕組みは複雑で、どの市場でどれだけの価値を見出すかによって車両1台1台につく価格が異なります。そこで、高値で買取の買取を実行するために必要なノウハウと、知っておきたい注意点についてお話を進めます。

需要と流通相場が価格を左右する

トラックはこれを利用する産業では重要なツールとして考えられています。日本をはじめとする先進国では、とくに大手企業となると車両をリース導入する傾向がみられます。ただ、最近では中小企業の場合、中古車の導入でコストパフォーマンスをタイトにする考え方の経営者も少なくはないです。車両を購入している企業もいずれは買い替える時が来るでしょう。買取価格は国内の経済状況や世界での需要により変動します。国内経済が活況となり、また、新興国でのインフラ整備などが進むと輸送機器等の需要が高まります。今後経済発展が見込める新興国市場では性能の良い日本の車両が高く評価されるため、高値で買取が行われますが、先進国大都市部などでは需要が低く、新車市場が拓けているため、最適な市場に送ることが、高値が引き出せる要素でしょう。

メンテナンスの状況で買取価格が上がる

通常の買取店の場合、車両の年式と走行距離が大きく買取価格を変化させます。年式が若く、走行距離が少ない車両が高値付きます。他の条件としては人気車種であるか、市場で好まれるオプション、グレード、色などがあります。ただ、トラックの場合、全般的に走行距離が高く、生産するメーカーは限定的で、産業利用される輸送機器であることからオプションなどの設定が少ないため、普通乗用車のような観点で買取査定が行われることはありません。耐久性が高いのが普通乗用車と違う点で、50万キロから100万キロ走行にも耐えると言われており、車体のコンポーネント部分も頑丈に設計されています。日本には車検制度があり、厳格なレベルの検査が行われています。定期的にメンテナンスを行って、消耗品の交換が行われ、ボディのキズが少なく、キャビンがきれいに保たれている車両の買取価格が高い傾向がみられます。