トラックを購入するなら中古がおすすめ

運送業や建築業などの業務で使われる大型車両は、日頃から酷使しがちなため、定期的に買い替えなければいけません。買い替え時には一般的な乗用車と同じく、メーカーが製造したばかりの新車を選んでしまいがちです。しかし、古くなった業務用の車両を新しく買い替えるなら、おすすめしたいのは新車よりも中古トラックです。真新しい新車とは違いキズや汚れがあり、車両内部のコンディションにもバラツキがあるので、業務で使用する車両を購入するときには選びにくいかもしれません。しかし、新車にはない様々なメリットも同時に存在しているので、実際は非常に魅力的な車両です。頻繁に買い替える業務用の車両にこそ最適なメリットがあるので、購入時には第一の選択肢にしてみると良いでしょう。

コストを抑えられる新車よりも大幅に安い販売価格

中古トラックを選ぶ最大のメリットは新車よりも安い販売価格で、同じ車種なら新車より半額以下で購入できる可能性もあり、購入コストを抑えられます。業務で使用する車両には、様々な条件がありそれらを全て満たそうとすると、新車では予算内に収らないケースは多いです。また、業務に必要な設備を新車に搭載すると、購入コストは大きく跳ね上がります。販売価格が新車より安い車両なら、これらの問題点を全て解決することが可能です。一般的な新車よりも安ければそれだけ予算内に収まる可能性は高く、カスタムを施しても新車より高額になりませんし、販売店によっては希望の設備を備えた車両を扱っている可能性すらあります。頻繁に買い替える業務用の車両だからこそ、価格のメリットは大きく感じるでしょう。

購入から納車までがスピーディー

中古トラックがもう一つのメリットは、納車までのスピードが速いことです。新車は販売店で購入しても、納車まで数週間必要となり、すぐに使えないことがあります。現在使用する車両を手放すタイミングを調整すれば、すぐに使えなくても問題ないかもしれません。しかし、納車まで数週間かかると業務の計画が立てづらく、万が一遅れてしまうと大きな影響が出るので、円滑に新しい車両に変えていくためにはスピーディーな納車も重要なポイントです。すでに整備が完了されている中古トラックなら購入から納車まで時間がかからず、速ければ1週間程度で納車できるので、業務に与える影響も小さくなるでしょう。他にも様々なメリットはありますが、価格が安いことと納車までのスピードは新車にはない魅力的なポイントです。